二胡弾き、歌うたい、日本人の真真(しんしん)と申します。

二胡の音色にのせて、皆さまとさまざまな想いを共有したいと思っています。

曲への想い、二胡(erhu)の物語、中国の歴史、音で描く壮大な自然の風景、被災地のこと、幸せについて…。

楽しい語りと温もりの音色で紡ぐ「悠久のひと時」、ぜひご一緒してください。

 

今ここにあるかけがえのない一瞬。

 

不思議な二胡の音。

弓を左右にひいて、弦を震わせるだけなのに

遠く空の果てからの視線を感じ、

優しい声がそっと肩に触れ、

寛大なものに包まれるのです。 

 

「二胡」の運命を想うとき、さらにこの音が愛おしくなります。

中国から届き日本に根づいたさまざまな文化と同様に、大きな歴史の流れの中で、今やっと「二胡」という庶民の楽器が約1300年の時を経て届きました。「胡」の国からシルクロードを渡り、長い旅を経て中国で育った擦弦楽器(胡弓)「二胡」。そして今まさに日本の「二胡」の黎明。

素朴に、かわいく、時に大胆に、そして優雅に、私たちの心を表現してくれる二個の力を借りて、自分や周囲の人を慈しむことができることでしょう。

日本の新しい文化を大切に育てたいと思います。

 

悠久の流れのなかの

「かけがえのない一瞬(ひととき)」

ひとつひとつ、奇跡のような出会いが続きます。 

感謝の気持ちを二胡の音に託します。

 

二胡 真真拝